札幌南区グループホーム・高齢者住宅フルールハウス
お問い合わせ
facebook
  • tel:011-593-5266
  • お問い合わせ
  • facebook

介護

MENU

もしかして・・・認知症?


こんばんは♫

寒い~~~札幌ですあせる

道東では雪が雪の結晶が降ったとか降らないとか?

さて、今日は久々に本題に入ります。

認知症という病気。
昨日もTVでこれが認知症の症状・・・云々と放映されていました。
それも、とても若い世代にまで浸透されているがのごとく。

80代を超えると4人に1人が認知症になるリスクが高くなると言われています。
それを聞くだけでもなぜか、気が重くなりますよね。

でも、みなさんが想像する重い認知症になるまでには
たくさんのアレ? なんか変? というサインがあります❢

いつものお母さんじゃないな、最近・・・とか
怒りっぽいお父さんになって、ウザイ・・・とか。

そんな、違和感を感じたら「?もしかして?」と、こころの片隅に意識をしてみてください。
一番、危険なことは認めたくない自分の気持ちなのです(ご本人もです)

でも、この状態でしたらどこかに助けを求め、何かしらの手立てをすることで
完治はないかもしれませんが、穏やかに生活することはできるのです。

不治の病のアルツハイマー病でも、進行を緩やかにすることはできるのではないかと
思うのです。
医療の力と、環境の力、自然治癒力。そして寄り添う心。

実際、我がフルールハウスでも認知症の入居者さまがおられます。
日々、見守っていて微妙な変化に気づくことがあったり、同じ入居者さま同志で
「最近、なんかね~~」と、何気ない会話で教えられることもあります。

その変化に、きちんと向き合い観察し、何が必要かを専門家のみなさんに
相談をして困っていることに対応していくことが大切なんです。
ご家族の協力を得られることで、解決に向かっていきます。

認知症になったからと言って嘆き悲しむのではなく
キチンと専門家の方に相談をしてください。

大丈夫❢
こーゆー人たちもいますから~~(笑)
BY 管理人hana 鼻

IMG_2167.jpg
IMG_2166.jpg

サービス付高齢者向け住宅
札幌グループリビング
フルールハウス
管理人 川原田英恵


ブログ一覧 >