札幌南区グループホーム・高齢者住宅フルールハウス
お問い合わせ
facebook
  • tel:011-593-5266
  • お問い合わせ
  • facebook

イベント

MENU

ワンカフェ&職業体験、終了(笑)

こんばんは♪
今日、第11回のワンディカフェを終えました。

$サービス付幸齢者向け住宅フルールハウスで笑う介護請負人hanaこと川原田英恵が      ワクワクする楽しい老後のお手伝いをします-IMG_1673.jpg


みなさんで腹筋を使う「あへあほ体操」に挑戦❢

平均年齢83.5歳の入居者さまたちが元気に「あ!へ!あ!ほ!」と
足を上げたり、お腹をひっこめたり・・・
かなりハードな体操に、私の腹筋が悲鳴をあげそう・・・叫び

$サービス付幸齢者向け住宅フルールハウスで笑う介護請負人hanaこと川原田英恵が      ワクワクする楽しい老後のお手伝いをします-IMG_1683.jpg


そして、今回は石山中学校の生徒さんの職業体験があって
朝の9時からKさんとAさんという可愛らしいお二人がこのフルールハウスに来てくれました。

事前に二人からは学習計画というお手紙をもらい、質問事項が書いてありました。

$サービス付幸齢者向け住宅フルールハウスで笑う介護請負人hanaこと川原田英恵が      ワクワクする楽しい老後のお手伝いをします-IMG_1689.jpg

$サービス付幸齢者向け住宅フルールハウスで笑う介護請負人hanaこと川原田英恵が      ワクワクする楽しい老後のお手伝いをします-IMG_1681.JPG

「お仕事をされて嬉しかったことはなんですか?」
「貴社で認知症予防に行っていることはなんですか?」
など、うちのことをちゃんと下調べをして来ていて
先生たちからも何度も打ち合わせのお電話をいただき、この日を迎えました。

もちろん、うちの入居者さまたちにも生徒さんが来ることを伝えていまして
みなさんもとても楽しみにしていました。

初めは不安を隠せない様子でしたが、しだいに慣れてきて最後のお茶の時間には、入居者さまともすんなりとお話をされていました。

いまどきの子供は、云々と言いますがとても素直でまっすぐで
このまま伸ばしていけるようにするのが、私たち大人の役目なのだと感じました。
いずれ、この子たちが次世代を担っていくのですからチョキ

でも、さすが若い人たちは違う!!
腹筋を使っても痛いとかつらいとか、言わないもんあせる

かえって、平均年齢83.5歳の方たちの方が52歳の私より元気に足、上がってました汗

インストラクターの川崎さん、アシスタントの大川さん。
ありがとうございました。

さあ、来月もワンディカフェ、あります❢
12月は25日のクリスマスに開催します。

テーマは

「歌声喫茶 IN フルール」
です❢

乞うご期待!!にひひ


サービス付高齢者向け住宅
札幌グループリビング
フルールハウス
管理人 川原田英恵


ブログ一覧 >