札幌南区グループホーム・高齢者住宅フルールハウス
お問い合わせ
facebook
  • tel:011-593-5266
  • お問い合わせ
  • facebook

グループリビング

MENU

心配り

長い冬がようやく終わりを告げようとしています
チューリップ赤
毎朝6時半にフルールハウスの鍵を開けるころには
陽も上がるようになって明るくなってきました。

しかし、朝の気温はまだマイナスになっています。
朝ご飯時には、リビングもまだ温まっていないので食器棚の中の器も冷たい状態・・・

$札幌南区高齢者住宅フルールハウスで笑う介護請負人hanaこと川原田英恵が      ワクワクする楽しい老後のお手伝いをします-IMG_0968.jpg


この写真の湯気がみえますか?

これは、お茶碗を温めているんです。
ご飯を盛り付ける前にあらかじめお茶碗を温めておくとちょっと時間がたっても
温かい状態で美味しいごはんが食べられます。
どうしても、大人数の食事の支度は時間がかかり、盛り付けておくと冷めててしまいます。
せめて、ご飯とお味噌汁は熱いままで食べていただきたいとの思いからです。

気遣いよりも心配り。

入居者さまには気を使っているんだと思われないように心を配るラブラブ

それがフルールハウスのテーマです。


ービス付高齢者向け住宅
札幌グループリビング
フルールハウス←ここをぽちっと
管理人 川原田英恵


ブログ一覧 >